本文へ移動
■企業情報
株式会社べーじゅ
〒160-0023
東京都新宿区西新宿4-32-11
セントビラ永谷105
TEL. 03-3376-3551
FAX. 03-3378-8170

ヘルシーレター

ヘルシー歳時記・4月

●コロナ太りに要注意!

緊急事態宣言が解除され、日本中に春がやってきました。でも、新型コロナは変異株として形態を変え、じわじわと第4波の感染拡大を狙っています。日を追うごとに気温の上昇や、草木が鮮やかな彩りへと変わり、春の足音が近づいて来るのがわかります。桜の開花も今年は早く、3月中旬には東京で開花宣言。写真は山梨の実相寺の境内に立つ神代桜。1800年の歴史を誇る桜です。悠久のロマンを感じさせながら今年も見事に開花しました。例年より2週間ほど早いようです。

桜の花は心を躍らせます。でも今年の桜は悲しげです。私たちにできることを実践。新型コロナウイルス対策です。マスク着用、手洗い、3蜜を避ける、食事は静かに短時間で。花見はスルー飲食なし、静かに穏やかに愛でることにしましょう。

2021年3月11日、あれから10年が過ぎました。そう、東日本大震災です。日本各地で「忘れない、つなぐ、つなげよう」と記憶を風化させないための催しも開催されました。コロナ禍の中、なかなか直接触れ合っての心のつながりは難しいようですが、もう一度、記憶を記録しておきましょう。

新型コロナウイルス感染症の流行で日常生活が様変わりし、巣ごもり生活によりインスタント食品やテイクアウトの増加など、偏った食生活の影響で体重が増えた人も多いでしょう。肥満、内臓脂肪の蓄積はメタボリックシンドロームや生活習慣病を悪化させてしまいます。まずは、あなたの現在の体重を調べてみましょう。体重と身長からBMI(体格指数)を計算し、肥満度を測定することができます。肥満の人だけでなく、高齢者などで体重が少なすぎる人も要注意。適正体重に近づくように生活習慣を見直しましょう。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

この結果、18.5未満は低体重(痩せ)で筋力や体力、免疫力が低下しやすくなり、18.5以上25未満は普通(標準)、25以上は肥満となり、血圧や血糖、脂質の異常が起こりやすくなります。 さて、いかがですか?たとえば身長1.57m、体重が49kgの人の場合、BMIは約20で「普通」の範囲です。標準体重は54kgになります。 栄養バランスを整えるには、主食(ごはん・パン・めん類など)、主菜(魚・肉・卵・大豆製品など)、副菜(野・いも・海藻・キノコなど)をそろえ、手軽に多様な栄養素を摂ることです。食べ方のコツは、よく噛むこと、野菜料理を先に食べること、減塩を心がけること、間食は時間と量を決めることです。こうした食生活は理想ですが、それで補えない場合は「マルチビタミン」などのサプリメントを利用するのも効果的です。

メディカルアドバイザー 松村富代

実相寺の桜
神代桜

おいしいレシピ・3月

●桜舞う、お花見弁当

東京の桜は今年も同じように春の訪れとともに咲き誇り、穏やかな気持ちにさせてくれました。とはいえ、お花見弁当を広げて楽しむことが難しかったかもしれません。そこで、ご家庭の休日ランチなどで、いつものおかずに春の季節食材をプラスして、お花見弁当を楽しんでみるのもおすすめです。

そんなお花見弁当に、桜の花の塩漬けを使った桜のいなり寿司はいかがでしょう。少しあっさり目に油揚げを煮て、酢飯に桜の花を混ぜ込むと桜の風味が広がります。だしと桜が香る春らしいいなり寿司のご紹介です。

<桜のいなり寿司>(10個分) 
材料 
油揚げ(長方形もの)5枚、米1.5合、桜の塩漬け15~16個、白炒りごま適量
煮汁:だし汁250cc、きび砂糖大さじ2+1/2、醤油大さじ2(半量を薄口醤油にすると◎)、みりん大さじ2+1/2
合わせ酢:酢大さじ3+1/2、きび砂糖小さじ2、塩小さじ2/3 *きび砂糖は砂糖でもかまいません。

作り方
  1. 油揚げは菜箸を押し当てて転がし、半分に切って開く。熱湯で3分茹でたら水にとって冷まし水気を絞る。桜の花は塩を洗い10分程水にさらして塩抜きし、5~6個は細かく刻む。
  2. 鍋で煮汁の材料を火にかけ油揚げを並べ、沸いたら落し蓋をして弱火で煮汁がほとんどなくなるまで煮る。
  3. 合せ酢の材料をよく混ぜておく。米を固めに炊き、熱いうちに合せ酢をかけて切るように混ぜ、刻んだ桜の花を混ぜ込む。
  4. 揚げの汁気を軽く絞り、ふちを少し中に折り返す。残った煮汁少々を手につけながら酢飯を軽く丸めて詰め、白炒りごまと桜の花を飾る。

フードコーディネーター 青木幹根子

桜のいなり寿司1
桜のいなり寿司2
Healthy Letter from Tomiyo & Mineko Vol.204 April 2021
TOPへ戻る