本文へ移動
■企業情報
株式会社べーじゅ
〒160-0023
東京都新宿区西新宿4-32-11
セントビラ永谷105
TEL. 03-3376-3551
FAX. 03-3378-8170

ヘルシーレター

ヘルシー歳時記・2月

●生き生きと健康で暮らすために (2) ~年金について学ぼう~

人生100年時代を迎えるにあたり、老後資金2000万円問題が話題になっています。「95歳まで生きるためには年金以外に2000万円必要」と言われても高齢化社会の進展で年金がもらえなくなるのではという心配が先にあります。年金制度について考えてみましょう。

年金制度を維持するためには、年金保険料を上げて国民の負担を増大させるか、年金を受給する側の金額を下げるか、年齢を上げるか、のいずれかになるのではないでしょうか。

日本の公的年金は2階建てです。1階部分は国民年金(基礎年金)、2階部分は厚生年金です。

国民年金は日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべて人が加入します。 国民年金には「第1号保険者」「第2号保険者」「第3号保険者」と3種類あり、どの制度に加入するかにより保険料の納め方が異なります。保険料は原則として全員が同じで定額(16.410円)です。 20歳から60歳までの40年間のうち、10年間(120ヵ月)以上収めた人は原則65歳から受け取れるようになりました。すべての期間納付すると月額約65.000円が支給されます。

専業主婦だった人は、夫が厚生年金を支払っていれば3号保険者として負担なしで国民年金は支払われていることになりますので65歳になると国民年金が受け取れます。ただし、妻が基礎年金を受給するようになると、夫の年金受給額が減額になりますので要注意です。

厚生年金は、会社員や公務員の人が加入する年金です。保険料は月ごとの給料に対して定率となっており、実際に納付する額は個人で異なります。厚生年金は事業主(勤務先)が保険料の半額を負担する制度です。厚生年金は60歳から支給されていましたが、段階的に65歳に引き上げられるようになりました。

このほか私的年金として、確定拠出年金(iDeCo・イデコ)や国民年金基金、企業年金などがあり、年金額を増やすことができます。

年金全般についての相談・手続きや受給額などについては一度お住いの年金事務所に行ってみましょう。対応が事務的だったり、納得できない場合は受け取る予定の銀行などの年金担当係に相談するとよいでしょう。

実際に年金を受け取ると年金から、介護保険料・国民健康保険料が天引きされますので、ますます受取額が少なくなってしまいます。65歳以上で無職の夫婦世帯の場合、毎月5万円の赤字という厳しい現実が示されています。長生きする一方生活レベルの低下は避けられない年金制度になりつつあります。

来月は「健康保険・介護保険」について考えてみましょう。

日本年金機構の公式サイトです。 https://www.nenkin.go.jp/jukyu/index.html

今月の写真は山梨県白州の雪景色。今年は降雪が少なく暖冬傾向。それでも朝はマイナス8度、凍てつく寒さです。
 
2020冬 -8度
2020冬

●カリン、のどの炎症に効果あり。

国道20号甲州街道を諏訪方面に走ると湖の周囲にカリンの並木が見られます。カリンは全国で作られていますが、最も多く生産し市場に流通しているのは長野県で、全国の約3分の1を生産しています。

カリンはバラ科に属する植物で、生のままでは歯が折れそうなくらい固く、また渋味があって食べられません。砂糖漬けや果実酒、ジャムなどに加工されます。古くから咳や痰などの喉の炎症に効果があるとされ、民間療法で利用されてきました。

 
  • 咳止め、痰、ぜんそくに効果がある薬用成分
    誰もが知っていると言えるくらい、咳止め、痰、ぜんそくに効果があるアミグダバリンという薬用成分を含んでいます。毒性があるのですが、カリン酒やカリンシロップなどを作る過程でアルコールや砂糖(ハチミツ)などによって毒性は分解されます。
  • インフルエンザの予防効果
    カリンに含まれるポリフェノールの一種がインフルエンザウイルスを抑制する強い効果がある事が報告されています。
  • 不溶性食物繊維
    ジャムなどにすることで、豊富な食物繊維をたっぷりと摂ることができます。特に不溶性の食物繊維が多いので、便秘の予防や改善に効果があるほか、有害な物質を吸着し体外に排出するのを助ける働きもあります。

そのままでは食べられないので、あまり使い勝手のいい食材とはいえないのですが、芳香剤代わりに車内に置いてみると楽しめます。


 
花梨1
花梨2
(メディカルアドバイザー 松村富代)
Healthy Letter from Tomiyo Vol.190 February 2020
TOPへ戻る